大量の硬貨や小銭を両替または処分したい!ゆうちょ銀行がおすすめです。

断捨離

大量の小銭をこないだ処分しました!

お金の管理する上で、小銭がたくさんあると管理が大変だったんですよね!

しかも小銭は場所をとるし!

処分っていうのは、破棄したってことじゃありませんよ(笑)

小銭だって大切なお金ですからね~!

 

ということで今回は、

大量の硬貨や小銭を両替または処分したい!ゆうちょ銀行がおすすめです。

をお送りします。

 

スポンサーリンク

小銭を処分(両替)する方法は、どんなものがあるか?

・小銭を消費する

・銀行で両替する

・口座に入金する

 

小銭を消費する

枚数が多くなければお会計の時に小銭を積極的に使いましょう!

これで少しは小銭を減らすことができます。

そんなこと誰でも知ってますよね・・・w

 

銀行で両替する

銀行では、お金を希望する金種へ両替(交換)してもらうことができます。

両替は、両替機を使った方法と窓口でお願いする方法がありますが、

入出金の枚数によって手数料がかかってくることがあるので注意が必要です。

詳しくは、最寄りの銀行や金融機関のHPまたは問い合わせにて確認してください。

 

口座に入金する

大量の硬貨や小銭を処分(両替)するには、このやり方が一番お勧めです。

この大量な小銭を一度お持ちの口座に入金してしまいましょう!

これで邪魔だった小銭を処分することができます!

そして、小銭を入金した後にATMや窓口でお金を引き出せば両替したことと同じですよね!

このやり方であれば基本的に手数料がかかりません!無料でできますよ!

ATMを利用する場合は、小銭の入金ができないタイプや枚数に制限がある場合があるので事前に確認してください。窓口であれば枚数に関係なく小銭の入金が可能だと思います。

 

私は、ゆうちょ銀行で大量の小銭を入金しました!

参考 ゆうちょ銀行

 

スポンサーリンク

 

ゆうちょ銀行で大量の小銭を入金してきました。

小銭の管理がめんどうだったのと場所をとって邪魔だったので、

早速、ゆうちょ銀行に行って小銭を入金(処分)してきました。

 

我が家にあった小銭はコレです!

この小銭ですが使うのがめんどくさくて貯まった訳ではないんですよね!

金銭のやり取りする際に、こまかいお金がなくてその時に決済できないということがないように、あえて小銭(硬貨)を保有していたんです!

このように小銭を整理して家にストックしておくことで、とても便利に活用する方法もあります。

小銭とお札をケースや金庫に入れて家にストックして置くと便利だよ!ちょっとやってみない?
家にある程度のお金をストックしておくと、とても便利です!みなさんもやってみませんか? この記事では、コインケースや家庭用の手提げ金庫を使って日常の生活に役立てる方法をご紹介したいと思います。 どんな時に役立つかって・・・? ...

 

だけど個人でこんなに小銭を持っていても邪魔になるだけでした(汗)

棒金なんか手に入れてお店ごっこを楽しみたかったのでしょうねw!

私の悪い癖ですが、もしもの為に色々と在庫をかかえてしまうんですよね!

このことが家の物が増えてしまう原因になっています。

 

ちょっと話が脱線しましたが、話を戻しましょう!

 

そしてこの大量の小銭ですが、丈夫な袋に入れてゆうちょ銀行に持っていきます。

銀行に着いたら番号札をとって番号が呼ばれるのを待ちます。

番号を呼ばれたら、大量の小銭を入金したいと伝えて通帳と大量の小銭を渡します!

いやーちょっと、この大量な小銭を出すのって恥ずかしいですね!(笑)

でもご安心を!金融機関の人からしたら別に恥ずかしいことでもなんでもありません!

私の担当者の方も普通に対応してくれました!!!

 

まずこの大量の小銭を機械を使って数えてくれます。

 

そして小銭の合計金額を集計し終わったら、窓口の方が明細を見せてくれました!

 

そして、入金票(お預け入れ)を記入してくださいとお願いされるので、入金票に「おなまえ」と「金額」を記入して渡します!

そして、しばらく待って通帳を返却してもらい処理完了です。

所要時間は、小銭が998枚ありましたが10分以内くらいでできましたよ!

 

最後は素敵な笑顔で挨拶してくれました!

笑顔で対応してもらえると嬉しいですよね!

 

ワイもおっさんになったなー(笑)

 

まとめ

いやー小銭重かったな~・・・(笑)

大量の硬貨や小銭の処分に困ったら、お待ちの口座にまずは入金することをお勧めします!

ゆうちょ銀行は、特にお勧めですよ!

全国にありますし気持ちよく対応してもらえます!

断捨離
スポンサーリンク
letsをフォローする
主婦・主夫の在宅ワークライフ