FireAlpacaでレイヤーのサイズを変更する方法(画像・拡大・縮小・回転)

画像編集

どうも、こんにちは!

FireAlpacaは、WindowsでもMacでも使えるとても便利な無料のペイントソフトです!

今回はこのFireAlpacaでレイヤーのサイズを変更するやり方を紹介したいと思います。

画像の移動・拡大・縮小・変形・回転ができるようになります!

やり方はとっても簡単です。

スポンサーリンク

レイヤーサイズ(画像サイズ)を拡大・縮小する方法

FireAlpacaでレイヤーサイズを変更するやり方を紹介します。

 

まずFireAlpacaを起動します。

画像を開いた状態にします!

サイズ変更したいレイヤーを選択します。

キーボードで[Ctrl] + [T]キーを同時に押します。

※OSがmacの方は、[Ctrl]キーが[command]キーになると思います。

 

そうすると分かりずらいですが、レイヤー(サイズ)の変更モードになります。

 

レイヤーの四隅に小さい四角が表示されます。

この部分をドラッグするとレイヤーのサイズを変更することができます。

 

レイヤーサイズの縮小・拡大が行えます。

[Enter]キーを押すことでレイヤー(サイズ)の変更モードが完了します。

 

レイヤー(画像)を回転させる方法

FireAlpacaでレイヤー(画像)を回転させる方法を紹介します。

やり方は、上で紹介したレイヤーのサイズを変更するやり方とほとんど同じです。

まずFireAlpacaを起動します。

画像を開いた状態にします!

サイズ変更したいレイヤーを選択します。

キーボードで[Ctrl] + [T]キーを同時に押します。

※OSがmacの方は、[Ctrl]キーが[command]キーになると思います。

 

そうすると分かりずらいですがレイヤーの変更モードになります。

 

レイヤーの領域が選択状態になるので端にカーソルを合わせます。

そうするとカーソルが回転マークになるので、ドラッグしてレイヤー(画像)を回転させます。

 

[Enter]キーを押すことで、レイヤーの編集が完了します。

まとめ

FireAlpacaでレイヤー(画像)を変形させる方法を紹介しました。

やり方をおさらいすると対象のレイヤーを選択して「Ctrl + Tキー」を入力する。

レイヤーの編集モードにて、拡大・縮小・回転操作を行う!

「Enterキー」を押してレイヤー(画像)の編集を完了する。

 

次のサイトにも変形の色々なやり方がのっています。

画像を変形する(拡大・縮小・回転・自由変形)  | イラストTips集[アルパカ学園]

画像編集
スポンサーリンク
letsをフォローする
主婦・主夫の在宅ワークライフ