デジカメ、スマフォで撮った写真や画像をネットやブログでアップする時の注意事項

ブログ関係(WP、他)

今回は、デジカメやスマートフォンで撮った写真や画像をネットやブログにアップロードする時の注意点について、簡単に調べてみたのでメモしたいと思います。えっ?そんなことあるの?っと思った人は、要注意ですよ!(ニッコリ)

 

スポンサーリンク

デジカメ、スマフォで撮った写真や画像をアップロードする時の注意事項

  • 位置情報や撮影に関する情報(Exif:エグジフ)に注意しよう
  • 肖像権とプライバシー権について
  • 自動車のナンバープレートは?
  • 予期せぬ写り込み(映り込み)に注意する

 

位置情報や撮影に関する情報(Exif:エグジフ)に注意しよう

デジカメや携帯、スマートフォンには、GPS機能がついていて設定すると撮影した写真に位置情報を保存することができます。その他に、撮影日時、撮影機種名などの撮影に関する情報(Exif:エグジフ)も保存されています。

何も考えずにネットやブログに撮影した写真を公開すると画像に保存された位置情報から住所を特定されてしまう可能性があるので注意しましょう。

写真を撮影した時に位置情報を保存しないようにするには、次の手順から行うことができます。

iPhoneの場合

設定 → プライバシー → 位置情報サービス → カメラ と進み、許可しないにすることで、位置情報を保存しないように設定することができます。

 

Androidの場合

設定 → 位置情報 と進み、OFFにすることで、位置情報を保存しないように設定することができます。※Androidは、機種によって設定が若干違うみたいです。

 

今までに撮影した写真データの位置情報や撮影に関する情報を編集、削除する場合は、以下のサイトにやり方が詳しくのっているので、参考にしてみてください。

 

 

肖像権とプライバシー権について

日常的に写真を撮る時や観光地なんかで写真を撮ろうとすると、まわりの人が写真に入ってしまったということが良くあると思います。知らない人や第三者が入った写真や画像をネットやブログに公開する時に、そのまま公開していいのか?ぼかしやマスクをかけないといけないのかを調べてみました。

結論、ぼかしやマスクを入れて個人を特定できないようにする!プライバシーの侵害にならないようにすることが望ましいようです。このような配慮ができない場合は、肖像権とプライバシーの侵害で訴えられる可能性があります。

 

自動車のナンバープレートは?

自動車のナンバープレートも写真を撮っていると入ってしまうことが多いかもしれません。
これも分からないようにした方が良いだろうか・・・?

結論、ナンバープレートの情報も分からないようにした方が良い。

これは先ほどのプライバシー権の問題と一緒ですね!2007年からは法律が変わり、ナンバープレートの情報だけでは所有者を特定することはできないようですが、身近な人が見たら個人を特定できてしまう可能性があるので分からなくした方が良いです。

 

予期せぬ写り込み(映り込み)に注意する

写り込みってなに?って人もいるかもしれないので、簡単に説明です。テレビやモニタなどの画面で、電源を入れてないと背景が黒く、反射した像が入ってしまうことがあると思います。これが写り込み(映り込み)です。ガラスやツルツルしたプラスティックなんかでもなりますよね!この写り込みにより自分の姿や見られたくない物が入ってしまうことがあるので注意しましょう!これはついうっかりやってしまいそうですね!

 

写真や画像をアップロードする時の注意事項のまとめ

ここまでさらっとした説明でしたが、デジカメやスマフォで撮った写真、画像をアップロードする時の注意事項のまとめです。

  • 写真や画像に保存された位置情報や撮影に関する情報から個人情報が漏れないようにしましょう。
  • 第三者の肖像権やプライバシーを侵害してしまう可能性がある場合は、画像を編集して個人が特定できないように配慮しましょう。
  • うっかりやってしまいそうな写り込みは、画像を公開する前に必ず問題がないか良く確認しましょう。

私自身もこれから写真や画像を載せていくことが多くなると思うので、しっかり気をつけたいと思います。また、この他にも注意することがあったら追記したいと思います。

 

それでは、また!